2020年1月13日月曜日

重いコンダラと逢魔(おうま)が時


 Erithからテームズ河畔を下り、支流のRiver Darantに曲るあたりでみた廃棄物処理場

今回のテーマは、いわゆる「異分析」です。ここのところ助辞の「-が」と「-の」にかかりきりなんですが、いわゆる準体句をうける「が」で、ふと、巨人の星の歌詞を思い出しました。「思い込んだら試練の道を行く∅が男のど根性」。「-が」の前は名詞なしの準体句で、ちょっと古くさい使い方、あるいは、ええかっこしい、にも使います。そのこととは関係がありませんが、この歌詞を「重い+コンダラ」と考えていた、という人を少なくとも二人知っています。こういうのが「異分析」、本来の言語表現とはちがう語と語の組みあわせで解釈してしまうことのよう。ひとことで言うと、勘違い。さて、ここで問題になるのが、では、「コンダラ」とは何か?という深遠な問いで、運動場をならす、例のドラム缶のようなまるい重しをくっけた道具を「コンダラ」と呼ぶものととらえたわけですが、なるほど、あれはコンダラか、といわれたら、信じたくなりません?だって、コンダラを重そうにひきづる星飛雄馬(?)がそこにいるんだから。それに、少なくとも、そのドラムのような物を何と呼ぶべきか、私は知らない、そんなことを考えながら、London Loop Way(終点まで55マイルあるらしい)を歩いていて、見かけたのがこの写真の風景でした。ここなら、コンダラも見つかりそう。

もう一つが、「おおまがとき」、これは、昨年末の勉強会で例に出し、まちがえてしまった恥ずかしいやつです。「が」が付く現代語に何かないかな、ふと思い出したのが、「逢う魔が時」ですが、この言葉、本当は「大禍時」だったらしいんです。「が」とは無縁な語でした。他人(ひと)のことは笑えない、記憶では何かの小説で読んだようにおもう。でも、これについては、辞書にもちゃんとごていねいに「逢魔時」と書いてるのもある。意味は夕暮れの薄ぐれどき、かはたれ時、とほぼ同じ頃とのこと。良くないことが起こりそうな時刻で、さっさと家に帰りなさい、という京都の人のありがたい教えだった。この間違いにはおまけが付いていて、「逢う魔が時」と「百鬼夜行」というのを、これまた混同して覚えていました。百鬼夜行は宇治拾遺物語にありました。でも、その話もきちんと読まないで、字面から「夜、たぶん深夜に出歩くと、ぞろぞろと歩き回る魔物のパレードに鉢合わせしてしまうこと」のように思い込んでいて、そういう意味で、「逢う魔が時」にぴったりだ。「!」これ使お。となったわけでした。従来、「が」は「逢う魔」のような語にくっつくわけもなかったはずが、現代語ではそういう用法に変化してしまった、という例になりそう、と思ったのでした。さて、もう一つ言い訳があります。この思い違いは、自分だけじゃなさそうで、どうも、そういう作り話がごまんと、そこらにながされているようです。お暇な人はネットで検索して下さい。
以上のことから言いたいことは、人は自分が知らない言葉を聞いた時、自分のあり合わせの語彙を利用して、なんとか合理的な解釈を行おうとする、その結果、その新しい解釈をする人が、一人でなく複数、あるいは、ある程度の人数に広がっていくと、新しい表現が誕生する、という現象にあらためて注意がむいた、ということでした。人の思い込みとは恐ろしいものです。最後に、もう一つ写真を。

1 件のコメント: